iphoneのバッテリー交換時期

iPhone修理のトリセツ

iphoneのバッテリー交換時期は?劣化させないためのポイントって?

iphoneのバッテリー交換時期 iPhoneがバッテリー交換となる目安はおよそ2年から4年の間といわれており、使用環境や充電の頻度によって変動しやすい特性を持ちます。
主にリチウムイオンバッテリーは発熱や過充電・過放電の影響を受けやすく、iPhoneを扱う場合はこれらに注意しておくとバッテリーの劣化を大幅に遅らせる結果となります。
また、充電中は本体及びバッテリー部分が発熱しやすく、高温多湿の環境下で使用したりアプリを複数起動するような使い方はバッテリーの劣化へ繋がってしまうため、好ましくない行為といえます。
その他の劣化要素としては単純にiPhoneの使用頻度が高く、充電の回数が多くなった場合などがあげられ、最長でも4年ほどを目処に交換か買い替えを検討しておくのが無難な選択肢です。
バッテリーの劣化が進むと充電できる電力量が低下し、100%の状態から警告が出るまでの稼働時間へ影響するほか、故障の原因になる例も考えられる点に注意が必要となります。

iphoneの交換方法ってどうすればいいの?また寿命はどれくらい?

iphoneの交換方法ってどうすればいいの? iPhoneのバッテリーには寿命があります。サイズや見た目は全然違っていますが、iPhoneのバッテリーといわゆる充電式の乾電池は基本的に同一の製品です。充電式の乾電池を利用した事がある方なら分かるはずです。
最初の間は普通の乾電池のようにフル活用できたものの、一年から二年程、使い続けるとほとんどバッテリーの役目を果たさなくなります。iPhoneのバッテリーも同様です。
具体的な寿命は個体差が激しいですが、おおよそ二年から三年程で劣化が進み、満足に使えなくなります。
バッテリーの交換方法ですが、プロスタッフの手を借りるのが基本です。素人が見よう見まねで交換すると、怪我や本体故障のリスクが出てきます。
具体的な交換方法ですが、お店にiPhoneを本体ごと持ち込み、ほんのすこしの間、預ければ良いだけです。
またメンテナンスの専門店では無く、購入したキャリアショップに行く交換方法もあります。キャリアショップによっては無償で顧客のバッテリー交換を請け負うサービスが用意されています。