iPhone修理について

iPhone修理のトリセツ

iPhone修理について詳しく説明!【バッテリー交換】

iPhone修理について iPhoneのバッテリーは永久に使える訳ではなく充電と放電を繰り返していくうちに劣化していきます。
インターネット上で見る事ができるiPhoneの説明書があります。
その説明書にもバッテリーを安全かつ長持ちさせるための使い方が記載されているので注意点を守って使用する事でバッテリーをより長持ちさせられます。
バッテリーの劣化が進んだ場合は交換が必要になりますが、メーカー側に依頼して交換する事ができます。
無償交換の条件を満たしていれば無償で交換してもらえますが、自分でバッテリーを購入して交換しようとした結果不具合が出た場合はバッテリーの交換もその他の修理も受け付けてもらえない場合があるので注意が必要です。
またバッテリーの状態を確認して無償交換の条件を満たしていてもバッテリーに問題が出た原因がユーザー側にあった場合はたとえ自分でバッテリーを交換しようとした訳でなくても無償交換をしてもらえない事もあります。

iphoneバッテリー交換の適切な時期

iphoneバッテリー交換の適切な時期 最近、充電してもすぐに切れてしまったり、iPhoneのバッテリー持ちが悪くなったと感じている方も中にはいるはずです。
iPhoneに内蔵されているバッテリーはリチウムイオン電池と言います。
近年、科学の進歩により、このリチウムイオン電池も長持ちするようになりましたが、もちろん寿命があります。
使用頻度にもよりますが、購入後一年ほどで弱くなってきて、二年ほどで満タンに充電しても1日ももたなくなってきます。
とはいえ、個人差があるため、それぞれバッテリー交換に適切なタイミングが違ってきます。
交換時期かどうか判断するためには、公式な方法としてはiOS診断により、判断してもらう方法、またアプリでも簡易的にバッテリーの状況を判断する方法があります。
前者はサポート期間内であれば、アドバイザーの方と直接話しをし、手順を踏んで診断をしてもらいます。
後者はバッテリーサイクルやバッテリー温度も確認出来るものも存在しますが、日本語対応していないアプリもあるため要注意です。
適切な交換タイミングは人それぞれの感じ方によるところもありますが、iOS診断、またはアプリなどを使用し、判断するのも良いかと思います。