iphoneはバッテリー交換が必要

iPhone修理のトリセツ

iphoneはバッテリー交換が必要というデメリットがある

iphoneはバッテリー交換が必要 iPhoneは日本人が最も愛用するスマートフォンです。街に出ればすれ違う人々の大半がおそらくその愛用者でしょう。
かつては一部のクリエーターやビジネスパーソンだけが挙ってアップル製品を利用していましたが、そのユーザビリティとデザイン性の高さが大衆に認められ、今では各キャリアで安値で提供されています。
最近のiPhoneは多彩なアプリがインストールでき、また簡単操作でネットやSNSや通販が出来るため、PC要らずな最新デバイスとなりました。
完璧で非の打ち所がないデバイスだと太鼓判が押されるiPhoneですが、バッテリー交換が定期的に必要というデメリットがありますので、購入を思案している方はその欠点を理解した上で入手しましょう。
バッテリー交換には費用が掛かります。iPhoneのハード自体は5年、10年と長期間にわたって使えますが、バッテリーの方は平均2年から3年程度でダメになります。
本体は無事なのに定期的にバッテリー交換の費用と手間が掛かるのが、やや頭が痛いデメリットであり、多くの愛用者はその欠点を理解した上で使っています。
またバッテリーの寿命は個人差が大きく平均値よりも早くダメになるヘビーユーザーの方も少なくありません。

iphoneのバッテリー交換は必要?交換時期と費用はどのくらい?

iphoneのバッテリー交換は必要?交換時期と費用はどのくらい? iPhoneに限らず携帯端末では、バッテリー交換が必要となる時期があり、かかる費用も交換時期によって異なってくることもあります。
iPhoneを使用している内に充電しても、後にすぐ充電が必要となる場合は、バッテリー交換のタイミングとなることもあります。
iPhoneの使いかたによって人それぞれで変わってはきますが、定期的な交換で長く使い続けることもできます。
新品のiPhoneの場合は約1年後の交換が適切ともいわれ、バッテリー交換にかかる費用には、メーカー修理や専門店などでの交換によっても修理費が異なってきます。
メーカー修理では、10000円程かかり専門店の場合は約4、5000円程かかります。
自己で交換する場合は約2000円程から販売されるバッテリーの交換ができますが、補償などがされず後に倍の費用がかかることにもなりかねないので、補償が適用されるサービスへの加入などしておいた方が良いでしょう。
iphoneのアップルサポートでは、欠陥の場合は補償対象になりますが、通常使用の劣化では補償にならず、AppleCare+の加入で無償のバッテリー交換ができます。また交換時期かどうかの確認の仕方も参照できます。